スポンサーリンク

物事を達成するには小さな「挑戦」から始まる。

 

生活の中での挑戦

「挑戦」ー挑む戦いと聞くと、何か大層な響きとして捉えられてしまうかもしれません。自分が決めた夢や目標に向かって努力することや、頑張って実現させるための行動を開始する合図として「挑戦」という言葉がよく用いられます。

でも、それだけじゃなくて挑戦すること自体、日々の生活の中でたくさんあると思うんですよね。例えば、朝の時間帯で考えてみますと、

  • 朝、30分ほど早く起きる
  • 朝、起きてストレッチをする
  • 朝、起きて運動をする
  • 朝、起きて掃除をする
  • 朝、起きて勉強する
  • 朝、起きてブログを書く

上記に挙げた項目については、実際にそのときを迎えるととんでもなくだるい気持ちになり、「もっと寝たい」という欲に襲われてしまいます。人間の三大欲求である「睡眠欲」が相手です。それはもう、手強い相手です。

もしかすると勝てないかもしれません。ですが、戦いに挑まなければ勝てるものも勝てないのです。言い訳もたくさん出てくると思います。「今、寝ておかなければ、仕事中に絶対眠くなるから!」とか「昨日は遅くまで仕事を頑張ったから今日の朝はゆっくりするべきだ」とか。。

自分の中の脳内変換がこれほどまでに睡眠欲を正当化するために、フル回転することもないのではと思うくらいのポジティブ変換です。この睡眠欲に打ち勝つためには「断固たる決意」が必要となります。そのために、朝の時間帯で何をするかを明確にして、明確にしたその行動をすることでどんなメリットがあるのかを考えます。

メリット>睡眠欲

この不等式が成り立てば、睡眠欲に勝てるとは思いませんか?もちろんこのメリットというのは一朝一夕で手にできるものではありません。しかし、このメリットを手にするために「私は早起きを継続させました」という自分をイメージすると、ほんの少し自信を持てる自分を想像できませんか?。

早起きを継続させることに魅力を感じないのであれば、別のことに目を向けてもいいと思います。要は、できることから少しずつ始めて継続させればいいんんです。

あくまで朝のケースは一例

朝の場面に限らず、1日の中で挑戦できるタイミングって多いのではないかと思います。挑戦とは自分が今までできなかったことに対し、自ら向かって対応することであると考えます。一日を過ごす中で避けてきたことなどないでしょうか?「やらなきゃいけないいんだけど・・・」と思うことですね。

しかも、そのようなことって人が嫌がり、敬遠されることだったりしませんか?その時、率先して挑戦できれば間違いなく成長できますし周りからも尊敬されます。

まさに一石二鳥ですね。

挑戦する人しか生き残れない世の中です。大事なのは一歩目を踏み出す勇気です。ロケットも打ち上げ時は相当なパワーを必要としますが、宇宙についてからは回遊するのにそれほどパワーを使わなくて済むそうです。動いてしまえばできてしまうことは意外に多いのです。

それでは!

自己啓発

Posted by inosan


PAGE TOP